yuryo2021_tyusyo_4c_tate.jpg

 株式会社ティーエスシーは、経済産業省、日本健康会議が主催し、健康経営を実践している優良な企業を認定する「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定されました。

主な取り組み

1.長時間労働者への対応に関する取り組み

 ・正社員1人あたりの平均所定外労働時間を10時間以内と設定し、業務負荷の見直し、勤務時間の制限を行っています。

2.メンタルヘルス不調者への対応に関する取り組み

 ・社内メンタルヘルス資格保有者から従業員の心と体を健康に保つ情報の発信を定期的に行っています。

3.適切な働き方の実現に向けた取り組み

 ・時間単位での年次有給休暇の取得を可能としています。(年間最大80時間)

 ・有給休暇消化率8割を目指しています。(自社カレンダーに有給休暇推奨日を設定)

4.従業員の健康診断の受診勧奨に関する取り組み

 ・毎年、全従業員の健康診断を実施しています。(受診率100%)

 ・対象者に対して、メールによる受信日の通達を行っています。

​ ・費用は会社負担で行っています。(オプションは除く)

5.コミュニケーションの促進に向けた取り組み

 ・毎月、全社員集まっての帰社報告会を開催しています。売上報告、3分間スピーチ、勉強会。

 ・社内イベントを計画する「懇親会」を設け、年間を通じて社員通しの交流イベントを企画、開催しています。

​ ・エンゲージメント向上を目指しサンクスカードアプリを導入しています。

​  ※エンゲージメント:従業員と組織の心的なつながり